2009,Dec,2,23:40

紺碧の夜に

きっと
にじみだすような
思い出の中に
君がのこした
かけらは咲いて

ずっと
忘れないように
花の景色に
消されないように

たった
ひとつだけなんだ
僕のこの胸に
つかえてとれない
とげみたいに

遠く
かすれた声なら
今も響くよ
変わらない強さで


Someday we're gonna find ourselves
Holding the candles in our hands
紺碧の夜を
見上げて君に会える
満天の星空も
冬の日の夕闇も
航海に浮かべて
僕らは

青の浜辺を
月の影にそって

written by DITA | 無謀な夜更かし

trackbacks

trackback url for this entry:

: ,,,

comments

posted by : ,,,

post comment




yesno


| Top |

recent entries

archives