2012,Oct,20,21:35

ワンダーフォーゲル

夏季休暇での帰省初日、昔よく通ったお店に行ってきた。2,3年ぶりに重い扉を開けるのは少し緊張もしたけど、客のいないカウンター端に座り、懐かしいお香の匂いを吸い込んで、久しぶりと声をかけると、あまり様子の変わらなさそうな店主は「元気そうだね」と迎え入れてくれた。懐かしい低い声を聴くと一瞬で昔に戻ったみたい。ちょっと安心した。

「最近どうしてたの」と、色々なことを話した。やっとの思いで大学を卒業したこと、近畿で働いていること、煙草をやめたこと、悪くない社会人生活であること。
初めて来たのは確か20くらいのときだねと、あっという間だねと他愛のない話をしながら、昔もよく飲んだシングルモルトの瓶を空けた。酔った頭で店を出て、エレベーターを降りて外に出たときの、鼻の奥に残るお香の匂いが懐かしくて、また昔を思い出して胸が苦しくなった。

■■■

そのお店にも近寄らなくなった間の事、話した色々を文字に起こしてみようかとも思ったのだけど、やっぱりまだまだ辛くて書けないことがたくさんで、まぁまだ自分の中でも熱を持った話題なんだなと再認識しました。

率直に言えばあなたの中での自分ほどに俺のなかでは過去の話ではないのです。

人の成長、特にエリクソンの発達段階を踏む発育の速度には個人差があるのは明らかであり中でも自分は周りよりも成長が遅くいつも周囲に比べ子供だったと気付いたのはすでに24ほどになった頃の事だった。その事にようやく気が付いてしばらく、過去の自分の過ち色々にかかった靄が晴れぱっと視界が開けた。思えば18の秋の夜名古屋駅で「あなたは本当に自分のことしか考えていない」と言われた頃から俺は何一つ成長していなかったんだ。

俺はずっと子供で、あの子やあいつのように遠くまで行けるような人間じゃないという事実、あまりに阿呆で他者の心を考えることをせず現実逃避をしていた後悔、電話口でしか聞けなかった泣き声、もうどう立てなおして良いのかもわからない人生になってしまった失敗、短い間でのそんなこんなが、コンプレックスだらけの培養地の上に十代を通したささやかな成功体験で支えられた張りぼての自信を根こそぎぶっこ抜いて行ってしまい、しばらくの間はそのことが自分をどうしようもない人間にしてしまっていた。

どうしようもない人間になってしまった俺はしばらくはそれでも自分が遠く想うことだけでも彼女にとってあるいは生きる糧になりうるのかもしれないと傲慢なことすら考えもした。しばらくはそれが逆説的に俺の生活の糧となっていた。そんな柱もくったくたになった肉体労働の帰りの地下鉄、サーバから自作プログラムで送信されたメールであっけなくへし折れたのだけど。とにかくそんな時期があって、なにかの小説にあった「短い間に待つということに集中し過ぎてしまうともうそれが自然な状態になってしまう」というのを身をもって体感した。俺はずっとこれで終わるはずないと思っていた。現実が受け入れられなかった。俺があちらへ行けばあるいはとずっと思いながら生活していて、それが普通となってしまっていた。

そんな生活からなんとか立ち直ったりもして2年ほどが経った今、いつかに書いた思いはやはり変わっておらずあなたは自分の中で奇跡的な位置を占めており、なんというかもう仕方がないというかそんな感じになっています。

きっとあなたは今も変わらず素晴らしくて計り知れないのでしょう。その哲学その感受性どれもきっと俺には手の届かないもので、したがって今この現実はあるべくしてこうなっているのでしょう。だって俺がどれだけ想ったところでどうしようもないのだしだから今はあなたが生きているそれだけでよくて、それでいてたまにでも自分を思い出してくれるのならこの上ないことのように思います。ピースの足りなくなったジグソーパズルを前に「失くしたものは仕方がない」と毎日自分に言い聞かせながらそれを壁に飾って生活しているみたいな感じです。

ただ、今ここで一人で生活している自分には自分なりの自尊心や思い描くもの、感じ受ける度量があって、そんな今の自分には一緒に過ごしたあの時よりもそれより後塞ぎこんで絶望感に押しつぶされていたこの2年ほどの経験が強いバックボーンとしてあって、なんとか這い上がってささやかな生活と仕事を守れている今の自分で、あなたに会いたいと少しだけ思ったりもします。

■■■

盆休みから仕事に戻り夏休み最後の休日。駅前の安い居酒屋で同僚3人で飲んだ。「学生の頃より夏休み終わってほしくないね」と笑いながら。

明日片道1万かけて別れ話しに行くんですよねと神戸の彼女は笑って言う。しに行くんじゃなくてされに行くんだよと俺は訂正する。でも良いじゃないですか私婚約まで進んでたから慰謝料80万ですよと明石の彼女はグラス片手に笑う。

やはりそういう話題が好きな年下の同僚2人と話しながら、あの子といたときのような穏やかで静かでじんわりと幸せで、丸裸にされて死にたくなるような恋が自分にもまだできるのだろうかと、少し考えたりもする。

でも私全く後悔してないですと明石の彼女は強い目で言う。素晴らしい、と俺は手を叩いて笑う。

それぞれで色々な経緯がありここへ来て、こうして一緒にビールを飲んで「色んな人がいるね」と頷く。上々じゃないか今の生活もと俺は心の中で自分に言う。

次の恋愛ではちゃんと結婚したい
もうやめようよーそういうの
はっはっは

written by DITA | 日記

| Top |

recent entries

archives

powerd by

teeter totter Ver.2.16

Yahoo! ジオシティーズ

i2i無料WEBパーツ