2014,Sept,14,00:49

再会

西武線で泣いていた。音楽を聴いて涙を流したのは何年ぶりだろう。

仕事を終えて帰宅する途中だった。周囲のほとんどは携帯を見るか目を瞑るかしていたみたいだったけど、周囲の目が気にならないくらいに、嬉しかった。

■■■

彼女に教えてもらった、俺と彼女をつないでいたその音楽は、一人だけになった後、長い時間をかけて俺の音楽になっていった。
その頃の記憶は自分でも不思議なくらいに欠損している部分もあるのだけど、狭い部屋で起き上がれないまま横になって、24時間小さなボリュームで彼らの音楽だけが流れ続けていたその風景は今でも思い出す。
生活というよりは俺の人生そのものにその音楽は寄り添ってくれて、そのおかげで手放さなかったいくつかのもののおかげで、今の東京での生活がある。
その新しい生活、新しい環境、期待と不安、そんな中で彼らは再発をしてくれた。

死んでいる方がマシさ
生きているよりマシさ

その蓋を開けてみたらどうだ。どうしようもないほどに戸惑いと自己嫌悪にまみれた再会の曲じゃないか。
もう君と話すには 俺はショボすぎて
簡単な言い訳も 思いつかないんだ
戸惑いの奥にある 強い不信感を
はね除ける 力が残ってたらいいのに

君と居られたのが 嬉しい
間違いだったけど 嬉しい
会えないのはちょっと 寂しい
誰かの君になってもいい 嬉しい

この思いを、心情を俺は知っている。こういう再会を知っている。まさにこの春から夏に果たしてきたばかりだ。
恋人だった人、友達だった人、地元で別れてしまった人、色々な人と、今年は会うことができた。
嬉しかった。嬉しかったけど、寂しさが大きかった。後悔も悔しさも動揺も迷いも何もかもがあった。俺はやっぱりまだ、数年前の負債を払いながら生活しているということを思い知らされた。生まれた街に帰ってもその景色が辛かった。
それをこんなところで、こんな形で掬い上げられるとは思わなかった。救われるなんて大げさなもんでもないんだけど、そこにいたのはやっぱり彼らだった。ただただ胸の中が綺麗に洗い流され、涙が溢れてきた。

これは俺の音楽なんだ、やっぱり。

written by DITA | 音楽