2015,Jan,12,20:20

28歳に寄せて

色々と忙しかった年末年始を越えて、新しい歳になって、久しぶりに時間がとれて長々と書いたものを更新するところでエラーで消えたので書きたかったことだけ簡潔に残しておく。


●昔を忘れないようにしたい
前にも似たようなことを書いているけど、やっぱり今の自分を支えているのは2010年前後の苦しかった生活やそのときに感じたことなので、そのときの思いを大切にしたい。
目を閉じれば今でもあの頃のことは浮かぶ。煙草の灰で汚れた部屋の匂いや名古屋の街の空気感。もらった励ましの言葉や震災の日の悔しさも。

どれだけ起きたくない朝でも、あの数年を思うと生きる気力は沸く

●焦らないようにしたい
周りを見れば(これは今にはじまったことではないのだけど)それぞれに新しいライフステージに人生を進めている。そういった事実も以前は自分の心をかき乱したりもしたけれど、今はもうそうでもない。時間をかけてゆっくりと受け入れることができるようになったみたい。
人にはそれぞれ生きるスピードってもんがある。俺には俺の生き方があるし、それは他人にとやかく言われることじゃないし、言いたいのなら言わせておけばいい。ただただ、あの頃から日を数えて、どれだけ成長できたかだけを考えたい。

●今後に備えておきたい
当たり前のことだけど今後どうなるかはわからない。それは自分自身の人生のこともあるし、仕事や家族のことも全て。
この一年、半年間の中だけでも、自分の周囲で少しずつ変化がある。それが今後どういう風に転ぶのかはわからないのだけど、そのときにどこまでやれるかは、結局のところそれまでに自分が何をしてきたかで決まる。
前述の経験も踏まえて、またただの感じやすい子供ではなくなった今の自分で、その時その時にやれることを考えて日々を過ごしたい。

●気負わないようにしたい
心にワークロードをかけ過ぎるのはよくない。先のことはわからないのだから過剰な不安や心配はいらない。現実は変え難いのだから過剰な後悔や自責の念はいらない。まだ起きていないことはまだ起こっていないのだし、起きてしまったことはもう起きてしまったことだ。ただ粛々とやっていくだけだ。

written by DITA | 日記