2009,Jan,29,00:36

汚れたいだけ

なんか地続きな感じだったここ数日。
Vitz運転したり、ファニチャードーム行ったり、
カフェでご飯食べて損保会社行ったり、ガストで勉強したり、

なんか、楽しかったな。


それだけに、

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

許したい。もう何もかも笑って許したい。

怨んでいることが、呪っていることが
もう苦しい



俺の精一杯の苦悩を蹂躙したこと。俺が目一杯自分と向き合って、ストイックに出した答えを値踏みされたこと。

何の連絡もなしに宙に浮いた木曜の約束。刻々と進む時間。

忙しさ、充実感に任せて俺のことを隅に除けていたこと。謝罪すらなかったこと。言えなかった「誕生日おめでとう」。

俺の誠心誠意のメールを全て筒抜けにしていたこと。

泊まるという約束を2日後には彼氏と約束したからと言って跳ね除けられたこと。「私おうちには上がらないよww」で楽にやり過ごそうとした。



薬でタラッタラにラリって「彼氏と別れてDITAと結婚する」と言って眠りに落ちたこと。
深夜4時、友人と遊んでる弟に「アリスト貸してくれ」と頭を下げる。2コ下のガキ共の哀れむ目線。

「いかんて保険入っとらんし。人が死ぬかもしれんくらいならいいけど」
死ぬかもしれんな
「何言っとんのww」

翌日には彼氏との平穏無事な生活を綴っていたこと。

俺がセミナーをキャンセルしてウィスキー水割りと白ワインで泥のようになっていた11月14日を「薬って、、風邪薬だよww」で片付けたこと。

「アンタなんかあったの?なんか真夜中に人が死ぬだのどうこうって言っとったって…」
うるせぇよなんでもねぇよ



「ごめん、そこまで頭回らなかった。彼氏のことだけで手一杯だった」

「あたしもう限界なの。そんな出来た人間じゃないの」

「あたし打算的な女だから」



ウィスキーの空瓶に一杯の煙草の吸殻、身体の震えが止まらない初冬の駅前ロータリー、埃だらけのダウンジャケット、侮蔑をくれる帰宅途中の会社員達、iPodの五十嵐の声、


車で行ってたの?
「そう、イオンまで」
家族みんなで?
「そう」
お酒飲んだの?
「うん」
両親も?
「トンは誕生日だから飲んだけど、オカンは飲んでないよ。ドライバーだったから」


嘘ついたでしょ
「?」
家の前まで歩いたよ。車も止まってたし電気も点いてた。22時くらい
「来たんだ」
面倒くさかったんでしょ?今から家まで来いとか言われるのが
「…」
だから終電過ぎた直後に連絡したんでしょ?
「…ごめん。違う、家帰ってきてから先お風呂入ってたの」

嘘だよ、家になんて行ってない
「…やられたわ」
嘘だろうなって思ったんだよ。終電過ぎてから連絡くるんだろうなってのも解ってた
「…」
本当に終電過ぎきっかしだったじゃん。笑えたよ
「…でも22時はないなw」
だから家には行ってないっつってんじゃん。カマかけたんだよ
「…」



後悔だけはしたくなかったから
まっとうな人間らしく生きたかったから

汚れたくなかったから


二人の曖昧なままの関係を照らし出そうと必死だった。
縺れ過ぎた糸を解きほどこうと必死だった。
自分の混沌とした感情を明確にしようと必死だった。




ここまでされたのは初めてだったから
あんなに無視され値踏みされ、踏みにじられ罵倒され
あんなに擦り切れたのは、初めてだったから


もう許したい。恨みたくも呪いたくもない。
いつか無一文になって借金とか抱えて不幸のどん底にでも堕ちたらいいのにとか考えてたくない。

「そんなこともあったねぇ」とか、


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


地続きなここ最近。最終日の今日はドイツ語のテスト。情けない。



こんなにも憎しみが消えないのは
あの数ヶ月のことなんて 俺の存在なんて 無かったことにできるくらい
平穏無事な生活を想像してしまうからなのかなぁ
それも 腹が立っているから 恨んでいるから 呪っているから

負のループ


宣言することで彼が心穏やかに か

笑わせる



教室に入ってくるドイツ人講師。


試験開始。やってらんねぇな。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


もう限界、眠い。

一日一日の区切りとするためにも、しっかりとした睡眠、布団の上での安息って、必要なんだな。



最後には そんな結論



 



2009,Jan,26,20:17

Shangri-La

シャングリラ 幸せだって叫んでくれよ
時には僕の胸で 泣いてくれよ
シャングリラ 夢の中でさえ上手く笑えない
君のことダメな人って叱りながら 愛していたい

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

そんな全てが愛おしいから、それでいい。

欠点や至らなさすら、涙すら、強欲すら、エゴすら、愛くるしいと思えたら


この上ないと思う。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「いざとなったら養ってあげるから」

その一言があるから

朝6時前の在来線や、スーツが皺になるだけで眠れない夜行バスに乗る気になれるし
大学ノート4冊分の企業研究・自己分析だってやれる。


だから、落ち込まなくていい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

気がつけば あんなちっぽけなもので繋がってたんだ
手ぶらになって歩いてみりゃ 楽かもしんないな

胸を張って歩けよ 前を見て歩けよ

希望の光なんて なくったっていいじゃないか

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

シャングリラ 夢の中でさえ上手く笑えない
君のことダメな人って叱りながら 愛していたい





反省も大切。



 



2009,Jan,23,19:25

リバース・エッジ

何か上手くいかない日ってある。

朝5時半に起きるも二度寝して
高速バスに間に合うために家の中走り回って

おかげで
暇になってしまうの解ってたのに、バスの移動時間長いのに
昨日買った本だって忘れ、予習のために持ってこうと思ってた資料を忘れ
勉強用具も下敷きもボールペンも忘れ

あーあって
そんな日。


そんなわけで、また東京のネットカフェ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


昨日のこと


大学で友達に会った。

小中学校と一緒で、大学でまた再開した彼。
教員採用落ちたって。


小学校のころ。彼はいわゆる優等生で
勉強もできて、バスケもできて、ダンスでテレビ出たりなんかして。

中学校のころ。彼はやっぱり優等生で
バスケ部キャプテンで、ダンスはさらに上手くなって文化祭でみんなを圧倒して、旧第一高校合格して

他を寄せ付けない、ちょっぴり過激だけど明るい性格で


大学で再開した時は、驚いたな。
こんな田舎の中堅国公立に、しかも女しかいない養護教諭課程って。


「まぁ、ダンスやりながら考えるよ。そっちの仕事も最近忙しいし」

「ダンスを言い訳にしてる感もあっていやだけどね」

「でも新卒で働くってなった時にそっちができなくなっちゃうのも嫌なんだよね」

「まぁ、これも言い訳にしちゃってるけどね」



小学校の頃から何の取り柄もない普通な生徒だった俺は

そんな彼に憧れてた。

中津川野外学習、一緒にダンスやったの覚えてないだろうね。
君が仕切って、そのおかげで俺も好きだった子にちょっと「カッコイイ」って言われたんだ。

中学の文化祭。もう他の奴らなんてついていけなくて、有志発表では一人で踊ってたね。
テレビですら観たことないようなカッコいいダンス踊ってて。
俺はパイプ椅子に座ってただ見とれてた。

その前日に実は女の子をふって泣かせてたって。
そんなところすらカッコイイって思ったんだ。



そんな情けない顔見せるなよ。そんなこと言うなよ。

もっとかっこよかったじゃん。


こんなことを言うのも、野暮なことなんだろう。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


そんなにアナリストに成りたいかお前ら。
証券アナリストにでも成れば夕方のニュース出れるとか思ってんの?

・システム部門 数十名
・リサーチ部門 若干名

これを前にしてよくそんなに群がって質問する気力沸くね。


お前らみたいな普通な学生にゃ無理だよ。
俺らみたいな。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


いかんな。前を見て歩かなきゃ。

バスは22時。

それまで、やれるだけ。



 



2009,Jan,21,01:23

Dance Dance Dance

三井住友海上火災保険、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険の3損保会社の経営統合のめどは2010年4月だそうだ。
あいおい・ニッセイ同和を合併させ、新合併企業と三井住友海上を持株会社となる三井住友海上グループホールディングスの傘下に収める。事実上の吸収合併。

不動の地位を築く東京海上日動を抜き業界最大手となる。
同様に系列子会社の三井住友きらめき生命とあいおい生命保険も合併させる方針だそうな。


他の損保会社はどうだ。

先日セミナーでは「独立系ですやりたい仕事できますお客様のために一極集中できます」を謳い文句にしてた日本興亜損保。
そりゃ胸を貼って仕事ができるだろう。しかし本当に財閥の力に太刀打ちできるのか?

現時点での業界トップ、東京海上日動はあの三菱財閥の流れを汲んでいるビッグカンパニー。
今話題の経営統合に関係している会社だって、三井住友は勿論あいおいだって源流を辿れば(色々言われているものの)三井グループよりのトヨタあっての会社なわけだし、2010年にはそれこそモンスターのような会社ができることになる。
損保ジャパンだってみずほFGと親密な関係にある。


系列の枠に捉われない。
非財閥だからこそ幅広く選ばれている。



本当にそんなことが言えるのか。



メガバンクにしたってそうだ。
こんなことを言うのも忍びないが、UFJ、三井住友に対して非財閥のみずほが3位。

企業の流動性、人事交流の活発性あってのグループ力。
それは確かに認める。俺だって企業を見る時はそういう点は気にかけてる。

金融ビッグバン、規制緩和、生損分離の法則の崩壊。
これだけならば、うちは流動性・グループ力が強みですと言われても納得できる。


ただその自由化の流れが今後どうなる?

ソニー銀行、セブン&アイホールディングス、そんな言葉が急に出てきたここ最近。
セブンイレブンはコンビニ業界最大手だし、デニーズだって元提携先のブランド力でガストなんかを圧倒してる。その持ち株会社だって、こんな名称しときながらITサービスまでやる始末。

もう金融だのITだのに留まらない。事業間、業界間の垣根が撤廃されていっている。




その流れの中で、勝ち残れる、リーディングカンパニーになれる会社に最も必要なものは?
数年後に必要になる、本当のグループ力とは?



少し馬鹿げた話がある。財閥再編の話。
三井財閥と住友財閥との統合で平成の新財閥となる、と。

あまりにスケールの大きい、現実味に欠ける話だけれど
SMFGの推進力、大和証券グループ本社との提携力。
今は落ち着いてる中央三井と住友信託の距離だってどうなるかわからない。
住友グループの三洋電機を吸収するパナソニックだって株主にSMBCがいる。
こんなことやってたらそれこそ枚挙に暇がないが

決してありえなくはないんじゃないか。
もしそんなことがあれば、天下の三菱商事の地位だって揺らぐし、非財閥の伊藤忠や丸紅の事業は苦しいものになるだろう。



別にこんな週刊誌の記事を本気にしているわけじゃない。

けど

この不況は2年半で回復に転じるという。
その一方で、M&Aはどんな経済状況にあってももはや経営戦略の重要なスキームの一つという。



これから20年後30年後、
俺達が社会に出て働いている時、日本経済をひっぱっているような会社って、今より少ないんじゃないか。

ガラッと変わった社会が、そこにはあるんじゃないか。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


アホくさ。


日本の主要企業の台所事情を全て把握してるわけでもないのに
財閥の行く末なんて俺には語ることなんてできないし、ましてや日本経済の行く末なんてわかりっこない。


そりゃそうだ、経営陣だって必死なんだから。

そんな経営陣の発する情報に、俺達就活生は踊らされて
そんな経営陣たちは就職情報会社の営業員のセールストークに踊らされて
そんな就職情報会社たちは学生や企業の評判に踊らされる。


就活って、とんだ茶番劇だ。


とりあえず、日興シティ分割の今後に注目。
国内2位の日興コーディアルはシティに留まる可能性もあるらしい。
もしMUFGが買収すれば、野村證券だって本当に危ういな。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


こんな大それた話しながら、中小の採用をチェックする毎日。
20年後30年後の姿以上に、内定貰えるかの現実がやっぱり大事だったりする。3年後の姿が大事だったりする。


この茶番劇。

いっそ踊らされるか。貫き通すか。





 



2009,Jan,16,22:54

流されてIWGP

今は池袋のネットカフェにいます。

なんつって

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1/15(木)

朝6時前からひたすらJRの乗り継ぎ。

豊橋辺りの車窓。誇張じゃなく本当に吸い込まれそうな早朝の空、遠くに山脈のように横たわる雲、ぽつんと浮かんだ白い月。
空を見上げて息を呑んだのは、本当に久しぶりだな。

そんな風に始まった久しぶりの東京遠征。


3回も終点まで乗って目的地に着いたのは12時半ごろ。
SI企業のグループワーク。選考らしい選考は初めて。

いよいよ、か。寒空の下でぽつり。

「前回も同じテーブルでしたよね?また名古屋から来たんですか?」

 …

いまいちやり切れず終了。品川へ向かう。

「社員との交流会 〜Interactive Cafe〜」 と銘打ったこのイベント。本当に社ビル内のカフェでやりやがる。
4大財閥の一角の御三家。それだけで物怖じしてしまう自分が情けない。

 …

まぁ得るもんはあったかな。


少し散歩。暗くなったら山手線。
渋谷のすき家で久しぶりのご飯。

外国人の店員さん

「よぬヒャクえんにナリマース」



まぁいい。

渋谷センター街。
ネットカフェ入って就活メールを一通りチェックして眠る。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1/16(金)

店員に起こされ起床。
すぐ近くで朝マック。

中国人二人の店員のジャンバーの背中の文字に目が行く。

ニッポンの
ハンバーガーよ
もう遊びは終わりだ

ハンバーガーを
ナメている
すべての人たちへ




まぁいい。


ネクタイ締めて東京メトロに乗り込む。
もろ通勤ラッシュ。
名古屋の比じゃないな。改めて思う。どこ行っても人の量が違う。

内閣総理大臣官邸の横の社ビルで損保のセミナー。
久しぶりのどうでもいいようなグループワーク。

 …

予想外に元気な会社で、少し引いた。



渋谷に戻る電車。たまたま同じテーブルだった女の子と隣り合う。
明日も東京で明後日は名古屋から大阪な俺のスケジュールに、とりあえず笑ってくれる。

就活生同士の妙な連帯感。
リクルートスーツ着てるだけで、「頑張ろうね」とか思って、少し和む。



再び渋谷でIT企業の説明会。
中小だからナメてかかってたけどオフィスがめっちゃ綺麗だった。
エントリーシート記入なんかもあり、勤務希望地選択なんかもあり。

 …

何気なしに人事に質問したけど、余計に「この子業界研究してるな」とか思われちゃったかな。
選考受けるかはわかんないけど。ES通って面接の連絡きたらどうしよう。


終わってみれば16時。
ネットカフェに入るにはまだ早いこの時間。呼び出しても誰も来てくれないだろーなとか当然のこと考えながら、携帯の充電のためにマック。

明日の電車の時間調べたら、新幹線使わないと名古屋到着が翌朝6時なのに気づき、あわててJR東海ツアーズの支店をググる。


ぷらっとこだまの手続きのために新宿へ。
動く歩道、立ち並ぶビルの中、地図が悪かったのだろうが、東京来て初めて道に迷う。

閉店ぎりぎりになんとか手続きを終え、池袋。

やっぱりあのドラマ跡が気になって、西口公園へ。
カラーギャングもストラングラーもいなかったけど、ドラマのシーンを思い出し真島マコトの面影を探す。



そうこうしてるうちに腹が減ってまたマック。

2日間の総括をしてから、カップ麺とカロリーメイトで明日の電話屋さんのセミナーに備える今に至る。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ネットカフェでやり過ごす2晩と、丸3日間スーツと革靴で歩き回るのは、やっぱりしんどい。

ホテルで寝たいけどセミナー予約のためのPCを選択する自分が健気に思えたり。


夜には結構暇を持て余すことになったけど、酒は一滴も飲んでないです。
通りにあるショットバーの重苦しい扉を横目で見ながら
「やめとけ」なんて。ビル風の中でぽつり。

明日はやっと名古屋に帰れる。久しぶりの新幹線。
"ぷらっと"についてきたドリンク券もある。

明日くらいは、久しぶりに飲もうと思う。



2009,Jan,12,18:02

童貞になりたい

昔から高校生、青春もののドラマって好きで

「木更津キャッツアイ」、「がんばっていきましょい」、etc


感化されたわけでもないが、自分が16、17、高校生の頃を思い返してみる。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まだ童貞だった頃。
煙草も吸ってなくて、酒の味も覚えたてのあの頃。

凡庸な高校生なりにやっぱり頭の中って女のことで一杯で
セックスなんて未知の領域で
「あいつがあいつとやったらしい」なんて噂話に
やっぱり凡庸に焦ったりして


それでも

好きな子が友人と付き合いだして、その嫉妬をテニスボールに思いっきり込めて壁に打ちまくったピロティや

中学の頃のラジオ番組の話題で盛り上がった夏祭りの夜や、後輩からの人気に頬が緩む部活帰り、

GOING UNDER GROUNDを聴きながら歩いた朝7時前の駅からの陸橋、口元まで上げるマフラー、独り占めする空一面のオレンジの光や

お決まりの場所での星空を眺めながらの「今日の出来事」、キス、

練習試合で行った色んな高校や、「やれやれ」と初めてつぶやいた熱田駅のホーム

意味もなくみんなで観るホラー映画、散乱した空の缶チューハイ


それらだけで毎日本当に余裕なくて、楽しかったな。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

そんな、ちょっとノスタルジー。
そういう先のことなんて考えられなかった生活を思い出すだけで、ちょっと胸がぎゅっとなる。

あの頃って「あぁ、青春してるな」なんて思いは欠片もなくて
こういう風に、不意に卒業アルバムをめくるみたいに過去を思い出して
ちょっとぎゅっとなって

こんな感じに後から振り返って眺める日々を、青春っていうんだろう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今じゃ女を抱くのも普通な生活の一部で
煙草を吸って、酒の味も覚えて

愚痴ることも覚えた。えげつない話もできるようになった。人の嫌な部分だってやたら見えるようになった。

けど、やらなきゃいけないことに追われて、見えもしない先にあるものを必死に追っかけて
たまにこんな風にノスタルジーに浸る今も

悪くないだろう

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

そんなこんなでもう18時だ。YouTubeのせいで。

ES書きに行かなきゃいい加減

悪くないんだろう




Stand Up!
 



2009,Jan,10,03:04

お釈迦さま

このブログの読者の中にRADなんとかが好きな人が少なくとも2人いるので

おしゃかしゃま


「雨音子」(たぶん「あめおとこ」)




著作権?へー

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


自分を律するために、かつかつにシフトを入れて
「与えられた仕事は拒否しない」と決めて、やりまくった2007年初春の派遣バイト。

「バイトスタッフなんて使いやすくてナンボ」

これがそこで学んだことの一つで、今もそれはずっと大切にしてバイトをしてる。

シフトなんて空いてる日は全て入れてたし
初めてキッチンに入れられたって教えてもらったレシピはメモ帳に書いて一回で覚えた。

他が嫌がる、クレーム処理や後輩の叱責だって自分の立ち位置を考えながら
とても回すなんて不可能な予約状況や、「これどうなの?」と言いたくなるような店長のやり方だって虚勢をはりながら
「お前は能力がある。バイトの柱にできる」そんなオーナーの言葉だって斜めから眺めながら

バイト先で気に入られるなんて、仕事ができなくても簡単で

明るく元気に
自分を滅して無我夢中に

これだけ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

就職活動、単位の修得、年末商戦終盤の忌引

今月以降のシフトなんて「また連絡します」っつってまっさら


もう一年と少しで卒業する。
それが明確になった今(いや、そこはマジでそうさせて)


他の誰も持っていない能力なんてない俺は、やはりただのバイトスタッフなんだろう。



数少ないキッチンスタッフからまた今日ホールをやらされ
明日は土曜なのにまた休み。

プロ野球の40代プレーヤーってこんな心境なのかなーなんて馬鹿みてぇ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

常連客は入れ替わり
バイトスタッフは入れ替わり
社員は入れ替わり

何年後には、あの場所になんかの店が替わって建つのだろう。

全てのものは時間で流されていくんだ
流動性のないものは、場所は、やがて淀んで腐っていく。永遠なんてあっちゃいけない。


宇宙に於いては、時間は距離なんだ
バイト卒業までの、うんざりするような何やかやなんて



2009,Jan,8,15:17

散文的に笑う

【問題意識】

俺に絶対的に欠けているもの。

疑問、改善案、目標。それらはこの上に生まれるものであって
それは積極的な姿勢があって初めて生まれるもの。

俺はこの社会において、一生懸命に生きてなどいない。

それを文字通り痛感させられた一日。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【グランキューブ大阪】

会社、社会、クライアント、日本、世界情勢。
そんな、新聞の上やテレビの中でしか動いていないように(俺は)感じていたことに対して、真剣に取り組んでいる人間の集団。

就活していて、色んな会社に会って
大きなビジョンを持った人間や計り知れないようなことを平気で言う人間にも沢山会ったけど

今日会った人達はその中でも最たるもので。

「私達は社会の新しい常識を作っていくんだ。新しいフレームワークを作っていく。簡単なことじゃないけど、私達にはそれしか求められていない」
「プロジェクトの社会的目的、意義が見えないと仕事なんてつまらないでしょ?ここは自分達の活動が社会のため、顧客のためになっているって実感が一番ある」


あぁ、こいつら本気でこんなこと考えてるわなんて圧倒されて。
「社員への質問」なんて一つも浮かんでこなかった。


「俺心配なんですよね。あいつに経営コンサルタントができるのか」
数日前にはこんな偉そうなこと言ってたけど
少なくともあいつは俺なんかよりも、様々なことに対して問題意識を持っている。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【おにぎりと缶ビール】

金券ショップを探し回った末の
日経ニュースが流れる帰りの近鉄特急。

昨日からまともなモン食ってないな。
あったかいもの食べたいな。


就活で見つけりゃ声かけれる程度の顔見知りが3人ほど出来たけど
彼・彼女らに会わなきゃ、やっぱり大阪での話し相手なんて人事しかいない。

退屈・寂しさを居眠りで覆い隠す。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【近鉄ラプソディ】

互いの誕生日のドライブ。
11月の奔走。手厳しいコメント。
相も変わらずメンバーの誕生日に集まる悪友達。早朝の滝の水公園のブランコ。
卒業の近い同期達。新しく建設中の校舎。
会社を2社立ち上げフードのフランチャイズ経営もして、最後には家だけを残して逝ってしまった祖父。
年末に見た何リットル分もの涙。


社会だって、景気だって、戦争だって
M&Aだって、内定者切りだって、損保統合だって

俺にはどうでもいい。

ちっぽけな俺はそんなのをどうこうしようと思わないし、どうこうしたいとも思わない。
そんな時代の波や遠くの涙やテレビの中の幸せなんかを
肌で感じながら生きれればもう、それでいい。


この狭い自分の生活の中で、出会う人達、出会った人達と信頼関係を築いて、信じて、抱きしめて抱きしめられて、涙を流して、涙を拭ってあげて、助けて、支えられて

毎年桜が咲く頃には、まだ少しだけ広がる余地のありそうな自分の未来、これから出会う人達、少しずつ広がる自分の能力なんかに思いを馳せて。別れに涙したりもして

そういう普通なようで、やっぱりかけがえのない生活を維持するために、仕事をしたい。

仕事で悩みなんか抱えて、愚痴る相手探したりして。毎日クタクタんなって家に帰って。
部下のミスに「やれやれ」なんて肩すくめたりして。

仕事の内容どうこうじゃない。そこで出会う人達にも、やっぱり俺の顔を、匂いを、声を、生き様を見てほしい。あーだこーだ言ってほしいし、あーだこーだ言いたい。俺の命日には少しでもそういう何やかやを思い出してほしい。

遠くの世界の知らない人達よりも、今隣にいる人、目に映る人、電話で話してる人、助手席で眠る人、遠くで俺を想ってくれてる人。
その人達がやっぱり一番大切だから。
そういう人達、そういう人生を守りながらまっとうすることが、多分俺には手一杯だから

そういう風に、俺は生きたい。



そこにたまの生ビールの乾杯とその口実や、バーカウンターの上のスコッチと古いジャズや、暖房の効いた居酒屋での芋焼酎と懐メロなんかがあれば

言うことないかな俺は。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【問題意識】

社会に対しては皆無でも、自分の実生活に対してはそれなりに問題意識を抱えて
一生懸命生きてるつもりなんだけどな

「あぁあぁ、ごめん。今日入ってるね。まいーや、休みでいいよ」

飲み会、断ったのにな。


まぁいい。バイトなんてできる限り行きたくないし、そんなに行きたい飲み会でもないし。

なにしよう。



2009,Jan,4,15:06

右利きの目

相変わらず寝不足で眠い。
軽くて白くて柔らかい
綿を詰められたような頭で

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

昨日は目を背けたくなるような伝票の嵐をやりすごし
義兄さんと義姉さんと居酒屋。

俺の就活の話題から、お二人の就活の話。仕事の話。
「大変だよね今年。でもえらいね、ちゃんと企業研究してて」

所詮他人事
仕事のやりがいも営業の辛さも社会人の厳しさも東京への憧れも
黒霧島のアルコールの霧の中に消える。

肴はエイヒレの天ぷら。
炙ったほうが、やっぱり旨い。



久しぶりの干潟公園。義兄さんと来るのも何度目だろう。
寒いから車から降りずに、3人で閑談。


「なんで別れる理由そうやって言わなかったの?」
野暮ったいじゃないですか。
別れる時なんてどっちが口開いても野暮なことしか出てこないんですよ

「なんか知ってる風だね」
すいません餓鬼がエラソーに

「でもそうかもね。どんなけ別れたくないって言われてもどうしようもないもんね」
そういうことです


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「やれやれ」は客観視の行き過ぎ。
こんなしょうもないことに就活の自己分析で気付く。

鳥瞰するのが好きな俺は
何も考えず通り過ぎてしまったことに後で気付いて怖くなる。


人は一人。逃れようも無く
だから先生クスリをもっとくれよ

睡眠薬も風邪薬もいらないけどな。眠いし。
誕生日まで9時間。ちょっとだけ昼寝しよう。

そんな惰眠にすらあの胸の温もりが欲しくてたまらない自分に気付く


まぁいい、寝よう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


「なんか、探り探りだったりしない?『来るのか?来るのか?』みたいな」
女性がそんなこと言っちゃだめです。

「そっか。でも引かれたりしたら嫌じゃん。そうじゃない?」
まぁまぁ、セックスってそうやって二人で作ってくもんじゃないですか。それこそ探り探り。

「おー名言名言」
メモっといてくださいね。人のセックスは笑っちゃいけないんです。



明日のバイトへの不安を見て見ぬ振りしながら

義姉さんの「膝まくら」の話にきゅんきゅんしながら

夜は明けていく。



| Top|

Copyright © 2007-2009 無謀な夜更かし All Rights Reserved. / Produced by DITA