2009,Oct,23,13:57

ドグマチール

「最近大丈夫?」と、心配のメールを貰ったのですが
何をもって「大丈夫」とすればいいのかわからずに一晩中考えたのだけど
答えなんて満足に得られるはずもなく、気づけばあまり眠れない間に朝になってました。

色々な人からのメールやコメントやブログの記事やに対しても思いは様々。
少なくとも俺の名前や存在を覚えてくれていることだけにでも、感謝、感謝。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「鬱病だね。それもキツめの。」と、心療内科の医師に言われました。

「いつからなの?」という質問に始まり、一体どこからが始まりだったのかなんてわからなくて
診察室でまた発作みたいに動悸と吐き気に襲われた。


鬱病。
そう烙印を押されると、なんだか大学2年の頃から頭の上をずっと吹いていた悪い風が、とうとう雨を降らせ始めたような
必死にぶら下がっていたけどついに精魂尽きて、肌触りの悪いマットの上にどすんと落ちたような

そんな気分。


「鬱病のレッテルでも貼られた方がいっそ楽なのかも」と、そんな風に考えてしまう自分の弱さにほとほと嫌気がさしていたけど
もう、いいでしょう。と、行き着いた先がここ。
まぁこれでよかったのかとも思うし、起きてしまったことは起きてしまったことだし。


とりあえず睡眠薬と抗うつ剤を処方されてきました。
それと禁酒。「どうしても飲みたい日は、まぁいいけど」、と。

ああこれで俺もメンヘラーか。




 



2009,Oct,22,17:54

I know,I know.



末期症状
抱きまくら 抱きまくら 抱えて眠れ
抱きまくら 抱きまくら 挟んで眠れ

早期発見だ 早期発見でも やっぱ手遅れ

末期症状だ 末期症状なんだ ほっといてくれ

寂しさを振りまいて サービスし過ぎるのが余計だ
危ない
寂しさをフリーマーケット セールスしすぎるのが不快だ
危ない 危ない

ちゃんとやんなきゃ 素敵な未来がどこかへ逃げちまうのかなぁ

すぐ似てる なんちゃって 一緒じゃん
すぐ似てる なんちゃって 一緒じゃん
すぐ似てる なんちゃって 一緒じゃん
すぐ似てる なんちゃって 一緒じゃん

すぐに慣れちゃって もうピンとこない
すぐに慣れちゃって もうピンとこない
すぐに慣れちゃって もうピンとこない
もうくだらねぇ つまらねぇ わかんねぇよ

寂しさを振りまいて サービスし過ぎるのが余計だ
危ない
寂しさをフリーマーケット セールスしすぎるのが不快だ
危ない 危ない

ちゃんとやんなきゃ 素敵な未来がどこかへ逃げちまうのかな
ちゃんとやんなきゃって素敵な未来なんてもんは 初めからねぇだろう

ねぇよ ねぇよ



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

誰かの声を聞いてないと眠れない。

一人の夜がこんなにも怖いだなんて。

焦燥や色々が夏の夜の波みたいに静かに轟々と押し寄せてくる。
動悸がして胸が高鳴って、酸素が足りなくなって吐き気がして、眩暈がして、寝れない。

怖いくらいの吐き気、怖いくらいの煙草の量、怖いくらいの携帯の震え、怖いくらいの預金口座、怖いくらいの秋、


永遠でありたいと思うなんて野暮。解ってる。
全能でありたいと願うなんてエゴ。解ってる。

混乱?そんな元気なものじゃない。
挫折?そんな格好良いものじゃない。

誰かと寝たって目を閉じるのは自分一人。解ってる。
愛とか恋とかって随分平和な悩みそれもいいじゃないだって

憎らしい程に恋しい誰かの温もり。
誰かだろうが誰だろうが今となっちゃそれももう。
それももう自分のせい。それだってこれ以上ないくらいに。

揺るぎの無い程の原因と結果の法則。それだって蜘蛛の巣みたいに。
顔の無い誰かの所為にもしたい気分。それでもそんな采配をなぜ俺が払う必要がある?


3,4年間ずっと苦しんできたこと。ものの数日間で振り払えるなんて毛頭思ってない。
けれども、ね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バイト行こう。




 

written by DITA | comments (0)| - | 最近の事


2009,Oct,20,21:39

虹のまわりを一周半

初めて、「風の歌を聴け」という、一番好きな小説について書いてみようと思う。
俺が本を読むきっかけにもなった、数々の教訓を与え続けてくれる小説。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

言うまでもなく村上春樹の処女作。
彼がジャズ喫茶を経営していたころ、神宮球場でナイターを観ていた時に、「そうだ小説書こ」と、京都に行くみたいなノリで思いついて初めて書いたんだとか。すごいね。それが群像新人賞だなんて。

この小説の主人公は21歳の大学生。
出会った頃は俺の方が年下だったけれど、知らぬ間に歳を越していて、それでもなお彼は俺の背中をぽんと叩いてくれる。

 結局のところ、文章を書くということは自己療養の手段ではなく、自己療養へのささやかな試みにしか過ぎないからだ。
 しかし、正直に語ることはひどく難しい。
 〜中略〜
 それでも僕はこんな風にも考えている。うまくいけばずっと先に、何年か何十年か先に、救済された自分を発見することができるかもしれない、と。そしてその時、象は平原に還り僕はより美しい言葉で世界を語り始めるだろう。



「でも一度は相談しようとしただろう?」
「そうだね。しかし一晩考えて止めた。世の中にはどうしようもないこともあるんだってね。」
「例えば?」
「例えば虫歯さ。ある日突然痛み出す。誰かが慰めてくれたって痛みが止まるわけじゃない。そうするとね、自分自身に対してひどく腹が立ち始める。そしてその次に自分に対して腹を立ててない奴らに対して無性に腹が立ち始めるんだ。わかるかい?」
「少しはね。」と僕は言った。「でもね、よく考えてみろよ。条件はみんな同じなんだ。故障した飛行機に乗り合わせたみたいにさ。もちろん運の強いのもいりゃ運の悪いものもいる。タフなのもいりゃ弱いのもいる、金持ちもいりゃ貧乏人もいる。だけどね、人並み外れた強さを持ったやつなんて誰もいないんだ。みんな同じさ。何かを持ってるやつはいつか失くすんじゃないかとビクついてるし、何も持ってないやつは永遠に何も持てないんじゃないかと心配してる。みんな同じさ。だから早くそれに気づいた人間がほんの少しでも強くなろうって努力するべきなんだ。振りをするだけでもいい。そうだろ?強い人間なんてどこにも居やしない。強い振りのできる人間が居るだけさ。」
「ひとつ質問していいか?」
僕は肯いた。
「あんたは本当にそう信じてる?」
「ああ。」
鼠はしばらく黙りこんで、ビール・グラスをじっと眺めていた。
「嘘だと言ってくれないか?」
鼠は真剣にそう言った。



この作品に続く、「1973年のピンボール」で僕と鼠は別れ、「羊をめぐる冒険」で鼠はその弱さのために羊に支配され、命を絶ってしまう。
主人公のハードボイルドな一面も好きな反面、この鼠の弱い人間性も俺はもの凄く好き。

主人公の「僕」にこそ俺は、色々を学ぶべきなのだろうけど。と思う。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

だめだ。こんなんじゃない。
今はだめだ。

本当に大切な小説。ここからの村上春樹の作品群への予感に満ちていて、タフに生きるための教訓に溢れていて、文章や世界への示唆に富んでいて。



俺がいつか、自分の文章や人の愛情やに、救済されるようなことがあれば、またこの本についてちゃんと書きたいと思う。
誠実に、感謝を込めて、大切に。
象が軽やかに草原を走れるように。



 

written by DITA | comments (0)| - | 読書感想文


2009,Oct,20,19:51

負け犬

もしも僕が犬に 生まれたなら それでもう負け
今度僕が犬に 生まれたなら 君に飼われてもいい
それとも保健所で死ぬ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

本当にそうなのだろうな。
タフさが売りです?何言っちゃってんの。

俺なんかが死んだって犬にすら生まれ変われやしないだろう。
それこそ玄関マットか何かがお似合いさ、なんて。




まぁいい。明日だ。明日。
携帯電源切ったまま。負けを認めて。明日。


 



2009,Oct,19,05:52

大丸

懐かしい場所に行ってきた。
暇な人は下の検索ぽちっと押したら良いと思う。ざっくりと言えば東京で有名な二郎みたいなお店。


名古屋のラーメン業界のアングラ文化的お店。
昔は友人達とよく行ったけど、1,2年ぶりの今日は俺一人。

久しぶりのもやしをゆでる匂い、おいちゃんの声。
周りは前と変わらずバンドマンや暇な大学生ばかり。

6席しかない狭いカウンター席の一番隅に座ってラーメンを啜る。

初めて来たのは茹だるような夏の夜だった。
もやしの山の隅から、ごろっとキャベツの芯が転げ落ちたのに度肝抜かれたっけか。

「ちょっとお兄ちゃん、そこの冷蔵庫からキャベツとってくれますか」
「お兄さん、これ渡すからそこのコンビニで豚肉とかまぼこ買ってきてください」
そんなことも日常茶飯事な、都市伝説みたいなこのお店に、定例行事のような感覚で深夜に遊びに来てた。みんな元気にしてるだろうか。

こんな小汚いらーめん屋にも思い出は一杯。
時はあまりにも早く流れる。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

背中側の壁にはバンドマンたちが貼っていった、自分達のバンド名を冠するシールがぺたぺたと。
中に一枚片仮名のバンド名で、後輩のいるバンドのシールがあった。
メンバーのうち二人は知り合いで、Gt&Voの女の子が可愛いんだは短い間だったけれど二人で組んで一緒に働いた事もあった。

やっぱりここには、俺達の歴史がある。
また誰かと来れたらいいな。



 

written by DITA | comments (0)| - | 夜更かし


2009,Oct,18,06:48

もういいって #1♭2

「夢は叶えるもの 人は信じ合うもの 愛は素晴らしいもの」
もういいって もういいって

words by 五十嵐隆

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

徹夜での飲み会の帰り道。
もう眠気と酔いですぐに寝るのだろうと思ったけど、地下鉄の中で久しぶりに腹が立ち始めて眠気がひいてしまう。
電車を降りてから家までは一人のエレベーターの壁やコンビニの壁や最後の明りを放つ街灯にめちゃくちゃに当り散らしながら歩いた。
目の合う人がいなくてよかった。本当に殴り合いの喧嘩でもしてしまいそうだった。

わかってるただの暇潰しなんだろうわかってんだよ。


夢は叶えるもので人は信じあうもので
夢は枯れるもので人は死んじゃうもので


都合の良い女、言い換えれば都合の良い男。しょうもない人付き合いや会話、ひどく胃にくるありがたいお話や延々と楽しそうな愚痴 あぁもう。




あぁあなたの様に生きられたら。
人を信じるのは無謀なこと。自己は根本的に孤独なもの。
わかってんだよなんでだよ。






俺もお前もあいつもお互い様。適当にやってやるさ笑ってやるよ畜生。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


勝ちも負けもない滑稽なだけの一人っきりのデッドヒート。

俺の本気のメーデーは誰にも届かない。

もう本当にリタイヤしたいんだけどどうしたらいい?








2009,Oct,16,06:53

shout out

もうまともに眠れてないここ数日。
体内リズムどうこうじゃなくて情緒の問題なのだろう単純に。

嫌になることづくし。


今週末は飲み会か。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


トンネルを抜けると 次のトンネルの 入り口で
果てしない闇も 永遠の光も ないって近頃は思う
だから自分の所為と思わない とか言ってないで やってみな


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

そのうち良いことあるよ。
そういう時期なんだよ。

あなたはただ人生の一つの局面だと、そう嘯くかもしれない。


一生続く不幸なんてない。明けない夜はない。
本当にそう思う?
例えば明日に俺が死ぬとしても「そのうち風向きも変わるよ」って言える?


性格悪い先輩のにやけた顔が鼻につく。年下の女の性欲に腹が立つ。


のん気なもんだな人の気も知らないで。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

こういう夜。

一週間が終わる。本当に疲れた。



 

written by DITA | comments (2)| - | 夜更かし


2009,Oct,14,15:41

コーヒーのある風景

勉強も読書も少し疲れてきた。

今俺の左隣りの席には三人の、20代後半程の女性がいます。緑色の文字で大手生命保険会社の名前の書かれたネームプレートを首から下げてる 。
いわゆる生保レディと呼ばれる人達だろう。


こういう、女性だけの数人の集まりを見ていると、なんだかそわそわして落ち着かない気持ちになってしまう。自分がそこに参加しているにしろいないにしろ。
多分これまで女友達とも分け隔てなく付き合って来て、女性達が色々な話をしている場面を様々に見てきたからだと思う。

自分では割りと、コミュニケーションにはそれなりに馴染める方だとは思うけれど
男女の本質的な違いってやっぱり少しずつ、色々に出るのだろうってのが自分の考え方です。人付き合いやコミュニケーションだったりの、なんというか、総体的な認識の根本だったり。


ともかく、数人の女の子と話していると稀に落ち着かない気持ちになってしまう事がある、そして隣席しているだけでもそんな気分になる。そういうことです。


そういう会話ってのも聞いてるとたまには面白かったりするけど
今日みたいに寝不足の日には読書の妨げにしかならないので、こうして耳元で跳ねる音で意識を閉じています。



それに対して右隣りの、一人で本を読んでる大学生くらいの女の子は、良い。

一心不乱に教訓を拾わんとするでもなく、暇つぶしみたいに本に目を落として。時折思い出したみたいに、ふと視線を上げてぼうっとしたり、煙草に火を点けたりする。そういう光景が良い。説明はできない。

こういう女の子は、暖房が効き過ぎてるからって何かで首筋を扇いだりしない。
「だから、そうじゃなくてね?」なんて言わない。そりゃあ誰かといる時には彼女も言うかもしれないけど、今は一人だから言わない。


日本中の珈琲処や電車の中の女性が、こんな風だったらななんて、たまに思う。今日みたいに眠くて頭がとろとろとしている時には特に。


まぁそれはそれで、面白味に欠けるのだろうけど。こういう日常的な光景も絶妙なバランスで成り立ってるんだろうって思う。

だからそんなに上手くいかない。右の彼女が少し疲れた風に「ねぇ、何を読んでるの?」なんて聞いてきたりしない。

現実なんてそんなもん。



それにしても生保レディこんな時間に何やってるんだろう。仕事戻らなくて良いのかな。



2009,Oct,12,22:40

幸福な食卓

夕食は母親と二人でもんじゃ焼き。
今じゃもう家族全員そろっての食卓なんて全くないけど
買ってきた二人分の缶ビールを飲みながら、その場にいない兄弟や父親の馬鹿げた話をしながら笑う。

こういうのなんだ。こういう未来がほしいんだ。
こういう普通の家庭が。こういうビールの味が。

簡単そうに思えるけどどうやら不器用らしい俺はなぜだか上手くやれないらしい。

上手くいかないことばっかり。それが人生と言われればそれまで。
それまでだけど人を救ったり強くしたりするのって少なくともそういう簡単な一般論じゃないはず。


人生を上手くやっていく術を知っていて尚且つ人を救う何かを持っている人を何人か知ってる。
ああゆう人達のようになれたら、どんなに良いだろう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

なにはともあれ、ビールともんじゃ焼きがおいしかった。
500mlのビールを2本空けてホロ酔い。

片付けのついでに弦を久しぶりに張り替えたアコースティックギターを抱えてみる。

木の板の中で震える音が火照る脳に響いて、寂しさだって少しは薄れそうな気がした夜。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

久しぶりに録音してみたけど酔いもあって人に聴かせられるようなものじゃなかった。

まぁいいやと思って、俺がいつもウォーミングアップに弾くあのバンドのあの曲録音してみた。
初めてインターフェース通さずに、アコースティックギターの生の音だけをダイレクトでひろってみた。聴けないほど音質悪くもないかな。
ホロ酔いVer.ということを念頭に置いてね。




昨夜からミスチル漬け。


 



2009,Oct,12,14:27

イエロウ

部屋の片付けで窓を開けるにも、電話線工事で目と鼻の先に作業員がいるせいでカーテンを閉め切ってる。

もうそんなことにも腹が立って泣けて仕方がない。こんなに良い天気の休日なのに。

気分は悪天候。
居心地の良いはずのサンクチュアリでの夜更かしだってひょんな事からどん底に落ちることだってある。

まぁ、それもそうだ。そんなもんだ。


苛々して仕方がないけど愚痴を零す相手もいなければ適当に身を預けられるような恋もないので

せめて晴れた音楽を聴きながらコーヒーを啜っています。



ドラマに出てくるような陽の当たる坂道は自宅近くにはないし

家で大人しくしていよう。片付けして、ギターの弦張り替えて、小説読んで。




 



2009,Oct,11,03:49

神無月アパシー

相談ともなんともつかない話を聞きながら
照らし合わせて考えるは自分の事。

少なくとも今年、暑くなり始める前まで
俺は真面目だった。
目の前の些末に見えることやそうでないことにも
真剣に向き合って、咀嚼して、アウトプットして。

向き合い切れない自分の不甲斐なさだって少なくとも
苦い思いをして飲み込んでた。


死んだように生きる。


どこかで見かけたような言葉もこういう時に使うのかも。

そりゃあそうだろう。時計の針の行く末や抱きしめる相手の気持ちや自身の怠惰さに考えを拡げれないようじゃ
退屈な毎日に殺されていく人よりよっぽど、生きてますなんて言えないだろ。




走れ。恥を撒き散らして。



 



2009,Oct,10,13:08

Png!

最近大学とバイト以外にはずっとブログデザインで遊んでました。

ウィンドウ最大化推奨

こういうダイナミックなスキンって使ったことない。いつか使ってみたいな。

他にも色々試してみたけど使えそうなのはこれくらい。やっぱり画像編集苦手だー。

今じゃこんな風に、仮ブログがテンプレートの遊び場と化しています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

透過PNGを最近やっと覚えたので、最近ここぞとばかりに使っています。

先述の仮ブログのテンプレートのブログタイトルと、現行のこのブログの記事タイトル・投稿日時のところでも、実はさり気なく使ってたりするんです。

文字の上に透過PNG画像をかぶせることでフォントにグラデーションをかけています。
イメージはこんな感じ。



横幅1pxで上下にグラデーションのかかったPNGを、こう、数学の積分みたいなイメージでかぶせてます。
画像の処理やDIV要素なんかでも応用できそう。


あと昨晩、ネタ探しにふらついてたらおもしろいところ見つけました。

The portfolio of Bryan Katzel

スクロールしていってみてください。おもしろいね。


もっと色んなことやってみたいな。
なんて、ここ数日で2,3テンプレート作っただけで疲れちゃって、今はもうそんな元気ないけど。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

晴れた休日。バイトも休みになった。
今日は何を聴いて何をして暇を消化しようか。


written by DITA | comments (0)| - | 最近の事


2009,Oct,9,17:30

メモメモメモ

twitterのステータスをブログに表示するjavascriptが調子悪いので、簡単なテキスト表示のみのjavascriptに変えた。
一応以前のをここに残しておく。(前の仮ブログとも設定が違うので)


●スタイルシート

/****twitter****/

.twittertweets {
        margin-top: 10px;
        padding: 0px 3px 10px 10px;
        background-color: #151515;
        border: 1px solid #505050;
        height: 69px;
}

.twtr-widget {
        background-color: #151515;
        border: 0px;
        height: 68px;
        overflow: hidden;
}

/**プロフィール画像、ヘッダー表示なし**/
.twtr-profile-img{display: none;}
.twtr-widget h3{display: none;}
h4{display: none;}

/**tweets部分テキストスタイル**/
.twtr-widget p{padding: 0 0 10px 0; line-height:1.2; width:auto; }

/**時間・返信の表示(〜ago reply)スタイル**/
i,.twtr-widget
.twtr-new-results{text-align:right;padding:3px;margin:0 auto 30px auto; display:block;bottom:5px; overflow: hidden; }

/**フッター表示なし**/
.twtr-ft{display: none;}


●HTML

<div class="twittertweets">
<div id="twtr-profile-widget"></div>
<script src="http://widgets.twimg.com/j/1/widget.js"></script>
<script>
new TWTR.Widget({
  profile: true,
  id: 'twtr-profile-widget',
  loop: true,
  width: 485,
  height: 100,
  theme: {
    shell: {
      background: '#151515',
      color: '#bfbfbf'
    },
    tweets: {
      background: '#151515',
      color: '#bfbfbf',
      links: '#ffab35'
    }
  }
}).render().setProfile('twitterID').start();
</script></div>
</div>


なんでだろう。twitterのページってなぜか不安定じゃないでしょうか。


 



2009,Oct,7,02:25

リンクについてと、ブログについて少し

リンク整理終わりました。
インラインフレームでコンパクトにしようかと思ったけど、そうするとリンク元辿って来た人には不便になってしまうかと思い、どうしたもんかと考えてたけど
なんのこともなく、単純にdiv要素で高さ指定してstyle="overflow: auto; "でokでした。

ここで一応リンクについて。

先日の記事に、


これまでは知り合いであれそうでなかれ、勝手にリンクさせてきたのですが
リンク元たどってここに来た人など、もし差し支えがあれば「リンク止めてください」となんなく仰ってください。サイドバーにメールアドレスあるので。
自分の希望としては、自分が気になって見てる好きなブログなので、名前だけでも置いておきたいなぁ、と。
一応ここは、リンクフリーでやってます。



と書いたのですが、まぁ内容が雑多な記事だったのでここで"リンクについて"とまとめておこうかと。


・このブログはリンクフリーです。
・リンクの連絡は特にいりませんが教えてくれると泣いて喜びます。
・自分の見たいブログを勝手にリンクさせています。もし差し支えあればなんなく仰ってください。メールアドレスはサイドバー上部。
・「リンク貼ったから相互に入れて」という人は何かしら教えてください。気付かないこともあるので。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログについて少し。
このブログ、Yahoo!のサーバーを利用して、Solo.designという会社さんの作ったteeter totterというソフトを使って運営しています。ざっくり言えばMovable typeの無料版のようなもの。このソフトをどこかで不意に入手して、ずっと使っています。

どこで手に入れたんだっけと今探してみたらVectorさんにありました。

このソフト、テンプレートなんかもゼロから自分で作るもので、好き勝手やりたい自分には合っているし、HTMLやCSSの勉強にもなったし、気に入っているのですが

このteeter totterというソフト、もう3,4年前にサポートが終わってしまっているのです。
今のところ自分のものは良好だけど、使っている人の中には長く使っていると不具合が出てしまっている人もいるようで


どうしたもんか、と、考え中です。



純粋にCSSとHTMLの編集を手打ちでやってくのは面倒であれシンプルで良いのだけど
どこか手を加えるたびに再構築するのも手間だし、プレビュー機能もないのは不便。

ブログの仕様を変更させたい時なんかはPerl言語のプログラムファイル弄んなきゃいけないのも割りに骨が折れる。

サポートがないのも不安。バージョンアップがないのもどうかと思う。


けど今更Amebaのブログ生き返らせるのもね。今更Amebaには何の魅力も感じません。

仮ブログとしてFC2ブログをやっていた時は、まぁ自由にテンプレートを弄れるのは良かったんですが
やっぱりブログサービスを利用していると所々、かゆい所に手が届かないこともあり

どうしようかなぁ。


まぁいいや。まぁ当分はこれでいくので、みんなよろしくお願いします。



written by DITA | comments (0)| - | 夜更かし


2009,Oct,7,02:09

メリモ

生きんのが辛いとかしんどいとか 面倒くさいとか
そんな事が言いたくて 偉そうに言いたくて
二酸化炭素吐いてんじゃねぇよ

words by 五十嵐 隆

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

俺にSyrup16gというバンドを教えてくれた人が、「雨の日に聴くと良い」と言っていたので
今日は一日中聴いていました。


バイトは早めに終了の合図。
なんだか家に帰りたくない気分で、昔よく行った近所のマンションの屋上に。

このマンションを管理している夫婦の、双子の息子は俺の幼馴染。
二人とも高校卒業と同時期に交遊が途絶えて、今じゃどこに住んでいるのかも知らない。

同じ街に住んで同じ学校に通って。不思議だな。


服の汚れも気にせず仰向けに。
月はこんな夜に限って雲の中。頭を右に傾ければ、港の工場群の上空がオレンジに浮かび上がる。


今どうしているのだろう。
生きるのが下手な父親と苦労の多い母親との間に生まれたあの双子は。


俺がこんなところで、こんなことをしている今、

どこに向かってるんだろう。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

見学者は大人しく 言うこと聞いていなさい
DNAの乗り物だとか 本気で信じるなって

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

気付いたら少し寒い中眠ってた。腕時計を見ると日付変更線も越えてしまったらしい。

「所詮生かされている俺達が生きてく意味や目的を考えるなんてナンセンスだ」と、
嘯いてたのはお前じゃなかったか?

自嘲気味に笑い、煙草のパックをポケットにしまう。

一息ついて、帰路に着いた。


 

written by DITA | comments (0)| - | 夜更かし


2009,Oct,5,21:05

復旧

ドメイン再取得と復旧作業、終わりました。

今日は大学のレポートとこの作業でPCに向かいっぱなしです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

知ってる人も、知らない人にも。

この1ヶ月ほど、ここで使っている.comドメインの更新手続きを忘れてしまったためにアクセスできない状態でした。
その間は、持っていたFC2のIDを使って、仮ブログをやっていました。見ててくれてた人はありがとう。知らなかった人は暇だったらまぁ見てみて。


そしてこのブログですが
まぁ1ヶ月強もアクセスできなかったので見てる人減ったのかな。どうだろ。
前にアクセス解析が吹っ飛んでしまってさらにアクセス不能期間もあったので、もう誰が見てるのかわかりませんが。

まぁいいです。元々がこじんまりとした場所だったし、気兼ねなく好きなこと書けるし。



多分、自分はブログに頼りすぎている。
それは恐らく、この場を通じても色々な事があったりしたこともあり、文章を書くという行為に対する依存度だったり、色々が理由なのだろう。

最近少しだけ見に来てくれる人が増えたこともあって、時にはうむむ、と口をつむってしまうこともあるけど
やっぱり好きなようにやってこうと思います。
時には過激なことを書いてもみたり、何の事かわからないようなことを書いてもみたりするので
見たくなけりゃ見なくて良いですよ。
気が向いた時やなんかに、一緒に考えてくれたり、してくれる人がたまにいたら、嬉しいな。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あと、サイドバーのリンクについて。

自分は日常的に凄く多くのブログをチェックしてます。
知り合いでブログを教え合ったもの、高校時代の友人や元バイト仲間のをこっそり見つけたもの、ネットから付き合いが始まったもの、オフィシャル関連、ネットサーフィンしててふと気にとまったもの

今数えてみたら46件ありました。

暇人め、とか言わないで。firefoxのアドオンのRSSリーダー使ってるんだから。
ついでだから紹介しておきます。NewsFox、便利ですよ。ポチっと押せば更新のあったブログ検出してくれます。
Firefoxがそのまま3カラムのRSSリーダーになるので、Firefoxに元々あるライブブックマーク機能よりも便利です。
みんなブラウザ依存であれオンラインであれもっとRSSリーダー使うべきだと思うんだ。IE系王者のSleipnirにもRSSリーダーのプラグインあるし。

あ、あとアクセス解析なんかを置いてる人。俺の足あとってたまにしかないと思うけど、このアドオンでRSS購読してるためです。ごめんね。暇があれば足を運ぶようにはしてます。


閑話休題。

今まではこのブログのサイドバーによく見るブログなんかをリンクとして置いていたのですが
最近どうにかしようかまた考えています。
あまりにも数が多いし、そこから厳選して載せるのもあれだし、でもさっそく相互リンクしてくれている人もいるのだし、と。

今のところインラインフレーム策が濃厚。


あと、これまでは知り合いであれそうでなかれ、勝手にリンクさせてきたのですが
リンク元たどってここに来た人など、もし差し支えがあれば「リンク止めてください」となんなく仰ってください。サイドバーにメールアドレスあるので。
自分の希望としては、自分が気になって見てる好きなブログなので、名前だけでも置いておきたいなぁ、と。
一応ここは、リンクフリーでやってます。

ひっそりと見てるブログにもいつかコメントしてみようとも思ってるのですが、なにせ引っ込み思案なもので。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あとあと、休止中に敢行した北陸旅行の写真アップしました。暇だったら見てくださいな。

ではでは、これからまたここで、よろしくお願いします。




 

written by DITA | comments (2)| - | 最近の事


| Top|

Copyright © 2007-2009 無謀な夜更かし All Rights Reserved. / Produced by DITA