2009,Feb,19,22:21

パラダイム

面接後の山手線沿い。
同じ時間だった女の子は言いました。

「お父さんが生保なの。金融は人を擦り減らすから嫌だな」

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1ヶ月ぶりに降り立つ品川駅。

京品ホテルの赤段幕が失くなってた。替わりに貼られているのは東京地裁による、「立入禁止」を示す小さな貼り紙。



1ヶ月前は従業員達が必死に戦っていて、悲壮感すら漂ってたホテル前。

窓や壁に張り巡らされた赤い横断幕。マジックで書きなぐられた叫び声。

「最後まで諦めるな!」
「従業員の生活を守れ!」
「このホテルは街の宝だ!」


今月頭、警察官・機動隊による強制執行の前に、涙と少しの血と元従業員達の努力は流れた。


自分達の親と同年代程の従業員が泣き叫んでいるのを無理矢理引っ張り出す時、機動隊員は何を思ったのだろう。

強制執行に踏み切った東京地裁の裁判官は、何を思ったのだろう。



ホテルの株主だったリーマンの子会社の投資家達は、こんな未来は考えていなかったのだろうな。


<<動画>>YouTube - NEWS 京品ホテルで強制執行


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

そんなホテルを横目に、事業投資が仕事の社員とお昼ご飯。
数百億の海外プロジェクトを紙切れで回す彼に圧倒される。


「10日で結婚考えるなんて凄いね」と嗤ってた俺もまた色々に飲まれるね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バスは大阪へ走ります。



 



2009,Feb,17,00:19

ES×ES

2月も折り返したかと思えば、途端にエントリーシートのラッシュ突入。
明日数学のテストと数学の発表の日だけど、昨日と今日で3枚とWebテスト1件済ませました。

これからブログ更新もちょっとペース落ちるかもなぁ。
相変わらず読者は少ないけどさ。書きたい時に書くだけだけどさ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

特に何の感慨もなくこなしてしまったけど
実は今日が人生最後だった、入試結果追跡業務。

いつも通り「今そちらに行ってると思いますが」とか言われ
いつも通り台帳に汚い字で書き込み
気付いたらいつも通り終わっていた。

レギュラーの月曜に赴くのが久しぶりなバイト先は
そんな風に、いつも通り、平和だった。


スタッフの俺達は年次が増すごとに歳をとっていくけど
毎年春に入ってくるお客さんは15,16歳の高校1年生で

そんな、年齢差という溝が段々広がっていく感覚は、怖くもあったけどある種心地良くもあった。
そして先日上司と飲んだ時に聞いた通り、俺達スタッフを育成する社員達も、そんな感覚なんだろう。


人が通り過ぎていく場。

バイト先である塾であったり、居酒屋やバーみたいな飲食店であったり
ホテルであったり、駅であったり、繁華街であったり

何年経っても、通り過ぎていく人達は似たような顔ばかり
ずっとそこにいる人だけが、宿命的な時間の経過を感じながら酒やサービスや時の流れを運ぶ。


こういう感覚を感じることができる時間も、もうすぐ終わるのだろうな。終わったらもうこの先なかなか無いのだろうな。今の俺の就職活動の様子からすると。

そんなことを思った、寒い日。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ちょっとわき道にそれたけど

今から部屋で、数学やりながら時間を運ぶとします。



 



2009,Feb,13,14:09

弁神論

ちょっと寒いけど、窓を開け放ってみた。
流動性の無い場所は淀んで腐っていくから、空気の入れ替え。

最近の妙な倦怠感や屈託やも、風に飛ばされてどっかにいってくれたらいい。


窓からの冬の風は僕の頬をかすめ何かを囁き消える。

肩をほぐし、少し伸びて空気の色を変える。

生まれてきてよかったなんて、思えないけど。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バイトは休み。
コーヒーは外で飲んでばかりだけど、たまにはキッチンの隅にあったドリップコーヒーを入れる昼食後。

ラッキーストライクの煙もコーヒーから立ち上る湯気も冷たい空気に消える。

「世界はメタファーだ」ゲーテの言葉を思い出した。


いろいろなパラレルの予定調和を計るのが、適当さに埋もれた少しの愛情なら

本当にそうなら、俺もなんとかやっていけるかな


変わっていくのさ、この僕も世界も

赤い雲、白い星、

光も闇さえも受け入れ、進もう照らす方へ





2009,Feb,12,22:25

アウトロー

タバスコ三滴のブラッディマリーと、話題は仕事のできる女上司。
掘り起こされた昔の軋轢いろいろ。
チョコ三昧のドーナツと、昔の納会。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ジョブハンティングで正直そんな暇もないのに、入試の結果追跡の電話やら。今年から継続しなくても必須になった面談の調整やら。3学期から新しく始まった講座の面談やら。


そんな風に慌ただしいけど、実はこれまでの約四年間も集大成に向かいつつある、塾バイト。


めまぐるしい大学生活の中では、そりゃあ惰性に任せた部分だって多々あった。

バイト仲間との雑談だけでやり過ごした土曜日チーフだって
徹夜続きのまどろみの中、友達と下品な話してる夢からふっと覚めたら手元の授業ノートに「もみもみ」と書いてた生物講座だって
相方の先輩に雑務任せてルームで油売ってた数学講座だって


それでも、四年間。
週に2日間あそこに行って過ごしてた日々は、青春と呼べるものになりうるのだろう。きっと。

辞めてしまったまま、時の流れと人混みの中へ消えていってしまった数人の同期。
相変わらず本山辺りで遊んでる人達。
移転したルーム、取り壊された校舎
自慢のバイクに腰掛けて煙草を吸う21時半の二輪置き場。
昔の本館の匂い、新しいルームのエアコンの匂い
入れ替わった教務の人達も


多分、
夏の朝のASIAN KUNG-FU GENERATIONの「ブラックアウト」があれば
何年経っても、そういう何やかやを思い出すことができるのだろう。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

大学4年間で経験した飲み会の数々。
この塾バイトでの飲みが、一番好きだった。

新歓、納会、たまの少人数での飲み。

掘り起こされた軋轢の中の住人だって、思い出す顔は新栄の居酒屋や職場近くの山ちゃんでの真っ赤な笑顔で、彼らを嫌いにはやっぱりなれなくて。


実際飲み会の出席率は高くなかったし、同期の中では、俺は斜から眺めてるような感じに見られてるんだろうけど
本山辺りの誰かの家での飲みや、たまの休日の遊び、何度か誘ってもらえたハネモノだって

もっと中まで入って、みんなと遊びたかったな。



色んな人のブログに綴られてる楽しげな毎日を読むだけで、俺は十分楽しくなれるけど

大学1年の夏、入院中の病室。
あの頃からやり直すのだったら、うんざりはしないきっと。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

俺が好きなブログ。
Uとなって復活してるの発見した時は、嬉しかった。

多分就活も終わって、その頃は塾での業務も全て終えてて。
忠太カテゴリーを読み返したりするのだろうなぁ。

直接は関わってないことの方が多いけど、やっぱりそういうみんなの楽しいのを味わえるだけで、俺は。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

煙草、買いに行こう。




 



2009,Feb,7,19:16

メリー・メリー

19時10分西名阪、名古屋へ向けてバスは走る。

毎度の事ながら、がやがやした大阪の街を抜けると、ちょっとほっとする。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

昨日、久しぶりにバイト入ったら社員が結婚してた。

金曜夜のキッチン。目の前のサラダボウルに盛るは所帯を持ち「一人じゃない」という感慨と、しっかりしなきゃの念。


俺にはその会社の信用と月収では無理だなと思うも、それは俺が卑屈なだけかと思い直す。



インカムのイヤホンからは、下の階にいるしぃちゃんのハスキーな声。

最近バイトから社員になった、オーナーの娘。

そして目の前の彼の元恋人。


どーなのよこれは。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


バスまでの時間潰しのミスド。
新発売のブレンドコーヒー、昨日サンプルで貰ったセブンスター、買ったばかりの「グレート・ギャッツビー」。

おまけにBGMにHall & Oatesの「Private Eyes」まで流れると、もうここが大阪だろうが愛知だろうが関係なくなる。


人混みに疲れると、よくここに待避してコーヒーを飲む。





そしてバスで尿意を必死に堪える。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


明日は結婚祝い。




 



2009,Feb,5,01:09

ぶっちゃけめんどくさい2

風邪?

いやいや、そんな。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

何の気なしに覗いたブログが久しぶりに更新されてた。

2008.04.06の業務はじまり以来だから、実に10ヶ月ぶり。


院1年な彼も、今は就活中で。
志望する業界が特殊なこともあり、今がまさに勝負の時。

不採用のメールが届くも、企業に感謝することができる。


俺にもそんな時が来るのだろうか。1,2ヵ月後。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今日もリクルートスーツだった曜日チーフ。

昔は大学4年の夏だったんだもんね、就活
採用活動は6月1日からでさ
いいよねぇ、スーツ寒いもんね
倫理憲章なんて無いも同じじゃん
たまらんよな、就活早期化


着実に、迫ってきてる。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

最近、就活が終わった後のことをやたらと空想する。

企業への内定・選考辞退の電話、プレミアムモルツの缶、投げ捨てるスーツと、溜まった就活ノート。


4年前と似てるな。2週間でまとめた物理のノート、英語180点の黒本、塩基配列・運搬RNA・知識の山、ボロボロになった数VCのチャート式を職員室に返しに行く自分の姿。



モチベーションにも繋がるし、悪くないけど。

もう一度、気を引き締めなきゃいけないな。




企業も長々と採用活動してる体力が無いであろうこの現状。

ここからだ。集中しよう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

とりあえず、明日のテスト。

寒いしセミナー・説明会のピークとテストが重なるのは堪えるけど。

ピリっと身の引き締まる、慌ただしい冬のジョブ・ハンティング。

これもこれで



 



2009,Feb,1,00:42

Hear the Wind Sing

2月。

さぁ、2月。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1/30(金)

知らぬ間に部屋から居なくなった二人に続いて、昼前に最後の一人も見送り、昼寝。
雨の音に目を覚ましたのは15時ごろ。


翌日の大阪の予定を確認。後で吟味しようとしてたセミナーの重複予約。
確認怠っとった。いかん。


夜行バスはもう予約できなくて、とりあえずP-こだま申込みに金山。

「8:46発以降しかご案内できません」

諦めて帰宅。とりあえず帰りの高速バスだけ手配。


なんか怖くなって3日後の予定を確認。
セミナーの予約キャンセル締め切り過ぎてる。

人事部採用担当に「さーせん」とメールして、23:59一次締め切りのESも諦めて不貞寝。


免停中の次男にたたき起こされて雨の中ドライブ。
千種に寄り道して帰宅。

4時間後に目覚ましセットして不貞寝。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1/31(土)

久しぶりに普通に乗車券と特急券買って、ひかり号で大阪。
二度目の梅田スカイタワー。採用予定人数5,6名のためのセミナー。

商社のプラント事業との違いはどこですか?
「フェーズの違いだよ」
フェーズ…


定食屋で昼飯食べて高速バス。

寝る

 …

起きる。名駅着。
いつものドーナツショップでIT業界の勉強。

面接のための強固な理論武装、ブレない軸、客観的に見ても熱いコア


隣では新日鉄のエンジニアが会話してた。

「この紙コップの水。半分しか入ってないか、半分も入っているかさ」


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

都道府県またいで就活していて、移動距離の分だけ消耗したように感じる。

実際シートに座ってるだけだから、そんなことはないのだろうけど。
その距離に比例して、磨耗したような。


「え、名古屋から来たんですか?」
もう聞き飽きたな。

大阪は、嫌いじゃない。
川のイメージだな。大都会のど真ん中、大手企業の綺麗な社ビルの立ち並ぶすぐ横を、広い川がどっしり走ってる。
名古屋にも東京にもないこの独特な風景を眺めながら歩くと、ちょっと雄大な心持ちになれる。
ちょっとだけ。



「宇宙の複雑さに比べれば、この我々の世界などミミズの脳味噌のようなものだ」

本当にそうだといいな。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ただの記録。

センチメンタリズムもノスタルジーもエロスも何もないね。



教訓なら、少しはあるかもしれない。


なんつって

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


さぁ、2月。



 



| Top|

Copyright © 2007-2009 無謀な夜更かし All Rights Reserved. / Produced by DITA