2009,Apr,30,02:12

UFO

偏屈な人間は好きになれないとうそぶきながら
一元的な考え方しか出来ない自分にほとほと嫌気がさすのは毎度の事。

電話ごしにしか見たことのない涙に、どう対処したらよいものかと考えてみるけど
やっぱり通じ合う奇跡なんてものはないもので的外れだったけれど
それでもアダムスキーみたいな一閃が走った気がして

5月までを海の底で耳を塞ぐみたいにやり過ごしたいと思ってたけど
俺よりも一元的な考え方しかできない女と過ごした日よりも
頭も綺麗に働いたし大丈夫な気がした。

まだ我慢だって我儘だって少しあるけど

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

もうこんな時間。寝なきゃ。
就活言い訳に結構逃げてたけど、他にもやらなきゃいけない事いっぱい。

卒論にセミナー準備に授業準備。

学生の本分は勉強だものね(なげやりな感じで言うのがコツだ)。


明日も早起き。







 

written by DITA | comments (0)| - | 最近の事


2009,Apr,23,20:12

EM7

ハイキングコースみたいな大学の坂をJohnと歩いてたのは昨日のこと。

「朝から頭痛が痛くてさ」
「頭の頭痛が痛い?」
「うんそう、頭の偏った偏頭痛が痛いの」


幼稚なトートロジーに笑いながら、神経質な年上の彼はたまたま機嫌が良かった。

「ストレス性だったりしてな」

授業を一つだけ受けてから大阪へ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「これがストレスです」と黒い塊りを胃の中から吐き出して示せそうな今日。

ストレッサーは色んな所に、意外な所に。


大学でハシモトくんとすれ違った。

「久しぶりだね」
こないだ行けなくてすいません。明日は行けます。
「当たり前だよー」


教員採用試験のために3ヶ月もゼミを休みにするのに何が当たり前なんですか。

話のできる人だから大学の数学科講師陣の中では貴方は好きな方だけど
明日ゼミに行けるのは昨日の面接で落ちたからなんです。


教務課の唯一信頼してる人との、数分の世間話だけで涙も流せそうだった
少しだけ、何も考えず胃の中から糸を引くみたいに愚痴をこぼしてしまった
コンビニで中学の同窓と高校の同窓が並んで漫画読んでるのが情けなく見えた




だからって別に言いたいことなんてないです。

今日は本当に潰れそうで、書きたかっただけなんです。










  

written by DITA | comments (0)| - | 最近の事


2009,Apr,19,23:27

Break shot

本当に久しぶりのバイトは、楽しかった。良い気分転換になった。

終わったら、駅近くで同期と飲んでたヒロアキさんから連絡があって
やるべきこともあったけど、休憩も兼ねてビリヤードをやってきた。

研修の事や就活のことを話しながらキューを構える夜。

俺は大体の友達に遠慮がちな人間だけど
付き合いも長い彼は俺に思ったままを話してくれる。

そうだな。そうだよな。


研修中の人間関係や絶対馴染めない同期。
面接での質問や9ボールの6戦5勝の好成績。今夜はツイてる。


ジャンプボールにクッションで転がるカラフルな玉。

チョークの粉で汚れたスーツはクリーニングに。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

名古屋に帰って来てた東京の人。
話し合いたいことはお互いに
辛さや寂しさもお互いに

帰ってしまってから思うと話すべきことや話したいこと、やりたいことってまだ沢山あって

それでも来月や来年の俺の状況が解らない所為で話せないことが大半で、それが辛くって。

眠い名鉄バスで「もうちょっと待っててね」とぼやく。


ボロボロになってしまったクリアファイルはごみ箱に。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

台の上のカラフルなボール

キューで突かれた玉に弾かれるボールは、いつも思いがけない方向に
広い台の上を滑るように行ったり来たり

ポケットに近付いたり、余計なことをしたり、小さな奇跡を呼んだり


なんだか誰かみたいだ。


キューを構えて、足の位置を確かめて、目線を下げて、ただ狙いを済ます。

拡散した意識を集め、ただ切に祈りながら。





 

written by DITA | comments (0)| - | 最近の事


2009,Apr,13,18:40

極相

たまったごみをなんとか清掃。

あくまで形式的に、だけど。心なしか肩が軽くなった気もする。

否応なしに、明日は今日と違った風が吹く。
明日揺れる携帯電話もきっと違うだろう。



想像力を使い果たせ。篩われる事や問われる事や周りの事や色々について。
衝動的に叫べ。声ばかりでかい人間を蔑みながら、確固たる自信を持ち且つ大声で。

綺麗事を押しのけながら、時にイノセントに。
強い自己顕示と、受け止める度量を持って。
コンサバティブさの中にニューエージの風を漂わせて。




 



2009,Apr,9,23:49

協奏

今日は大阪である会社の最終面接。

前回あり得ないミスを犯した会社。
それでも面接受けさせてくれて、さらに通してくれて
普通の就活生だったら、「あぁ、ここはちゃんと私の事を見てくれている」と飛びつく所なのだろう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

行きの近鉄特急。

あまり寝てないのに風の歌がうるさくて寝れない。


今までに考えた面接の文句あれこれ。

「学校というコミュニティよりも、広いビジネスのフィールドに惹かれたのです」
「業務マネジメントを通じて、顧客企業のみならず地域社会の活性化にも貢献できるような」

そんな云々よりも、耳の奥で響くのはもっと泥っぽい言葉で。



俺は何をやっているのだろう。

こんな茶番劇が、何年後かに笑うために必要なら
お金や神経や色々をここまですり減らして、それでも
それでも風向きが変わらないこともあるのなら
俺のために泣いてくれる数人がいるのなら

人生はこんな風に、不可能性で決定されていくのなら
振り払うことの出来ない塵芥がただ積もっていくのなら
あんな屑みたいな、狡猾な人間が最後に笑うのなら


こう無理して生きてる事もないんじゃないか。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

そう思ったけど、帰りの奈良県辺りの桜が綺麗で
柄にもなく感動して、もうちょっと生きてみようかと思いました。

次男は相も変わらず元気に働いてます。
三男は専門学校に入学しました。
叔父は自由業で年収1000万まで乗っけて、マンション買いました。

めっきり春です。









 
 



2009,Apr,5,00:29

焦燥

会場から最寄り駅までの長い道のり。

傾いていく日と雨足の強まる通り。



携帯電話を握り締める手に滲む嫌な汗と、不安。

拭い切れない。


背中に圧し掛かる色々。


どれだけ見たって変わらない現状。


「時代の所為」を笑ってた俺がいる。
「生きたくない」を笑ってた俺がいる。

お前は、何を知っている?
お前は何を持っている?


慰めなんて聴こえない。
一般論なんて聞かない。

いつまで苦しめばいい?
どこまで走ればいい?
どれだけ落ちればいい?


ずれてしまったトレーシングペーパー
白の炭酸水と 硬くなる足
女の低い声 濃いグレーの中に
うるせぇ ねぇ
うるせぇ









 



2009,Apr,3,22:42

奔走

忙しいってのは知ってたけど、こうまでとは。
恐らく就職活動の中で最も忙しい3日間であったと思うので、折角だから記しておく。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


●4/1(水)

02:44
AUEの成績証明書のD(不可)の扱いが知りたくて、ミクシィの日記で聞く。
いよいよと考えると、気が昂ぶって寝れない。

09:00
業界最大手のグループディスカッションからスタート。
滑り出しは悪かったけど、議論の内容でなんとか持ち返す。

11:40
田舎の大学へ成績証明書を貰いに。
余分に貰った一通を貰って開封してみて、溜め息。

14:20
個人面接。30代の社員に根掘り葉掘り聞かれる。
準備が足りなかったかと、ちょっと反省。

終了後、次の会社に出す履歴書に写真を貼ってないことに気付き港区へ走る。

15:30
息を切らして個人面接。
これまでの個人面接では上出来な方。
情熱はアピール出来た。課題はプリミティブとデリバティブのバランス。

17:00
筆記試験。会場でさっきの企業にいた女の子と会う。

20:30
帰宅。
途中、朝一発目の企業から電話。2日後の朝に面接の予約を入れる。



●4/2(木)

10:00
名駅で筆記試験。英語が難しかった。
それくらい。

終了後、次の企業に出す手書きESの誤字に今さら気付く。
昼食の時間を削ってネットプリントしに走り、地下鉄のホームで書くけれど、またもミスって結局気付かずに提出する作戦を決める。

13:30
丸の内でグループディスカッション。
今までのグループディスカッションの中で最高の振る舞いが出来た。

帰りには旧帝大の見たことある人と、お互いどこのセミナーで会ったのか思い出せないねって話しながら名駅へ。


この後大阪で筆記試験のはずだったけど、時間間に合わなくて断念。
交通費も浮いたしあまりダメージはない。

15:30
金山のミスドで明日の準備や今日の日経新聞。
途中昨日の3社目から電話。明日の昼に面接を入れる。

21:00
帰宅。自信のあったグループディスカッションの企業から電話はなくて不安になる。
そして昨日の2社目からの電話もならず不安になる。


●4/3(金) 

09:00
1日1社目に行った会社の個人面接。
口がからからになるくらい喋りまくった。自分としては出来はいまいち。
会場から駅までの道を暗いテンションで歩く。

12:00
1日3社目に行った会社の二次面接。
ここは本当に上手く人間性を引き出してくれる。
上手くは話せたけど、二次の段階でどこまで求められていたか次第。

14:05
名駅発。今日の日経新聞をざっと。

14:56
新大阪駅着。

今朝受けた会社から選考通過連絡と次の面接の日程決め電話。

15:45
人事採用担当と二次面接。
ありえないミスを犯したけど、それでもちゃんと話を聞いてくれて。
ここは本当に人を見て採ってるんだと実感。
けどそれでもアピールはいまいちだったかも。


16:00
そばが食べたくなって蕎麦屋へ。

金券ショップで買ったアーバンライナーで名古屋へ帰る。
途中2社から一次選考の通過連絡と面接の日程決めの電話が入る。
片方は面接に進めただけでも奇跡的な企業だったけど

今日の段階で1日に受けたうちの1社は不採用決定。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

闘いはこれから。



 



| Top|

Copyright © 2007-2009 無謀な夜更かし All Rights Reserved. / Produced by DITA